イオンパワーベルト


イオンパワーベルト
通産省工業院特許製品

きれいな空気・美しい地球のための環境製品
エンジン用空気過給器

●●●AMC 15周年記念
●●●ただいま、超お買い得!
●●●限定30本
●●●32,400円10,800円(税込)
         

イオンパワーベルトは、筑波大学で開発された国有特許商品です。
これは、自動車のエンジン用空気過給器といい、自動車のボンネットのエンジンルーム内の空気吸入管の蛇腹部分に装着すると、特殊永久磁石の磁気効果により、シリンダー内では
完全燃焼に近い状態の爆発が起こります。(通常の自然吸気では、シリンダー内へ取り込んだ空気の約80〜95%の充填効率ですが、イオンパワーベルトを装着すると約200%にもなります。)
その結果として、

@
エンジンのパワーがアップし、
A
燃費の消費が減少し、更には
B
排気ガスが減少する

という、3つの効果が出る商品です。
なお、使用期間については、普通に正常な状態で装着して使用すれば、そう簡単に壊れる商品ではなく、10年以上は十分にご使用できます。また、ガソリン車、ディーゼル車どちらにも対応できます。
地球環境にも貢献する商品であるということから、今大反響の商品ですので、是非、一度お試しをしてみてはどうでしょうか?


●●●●●●●●●●●●●●●[燃費向上の原理はココをクリック!]


イオンパワーベルト取付写真
■特徴

1.簡単取り付け
  強力な磁力を発生させるイオンパワーベルトを、エンジンの吸気
  部分に巻くだけです。また、通常は手に届く箇所に取り付けるの
  で、大掛かりな改造等は不要です。

2.耐用年数10年
  一度取り付ければ、長期期間に渡り安定して効果を得られます。

3.ガソリンとディーゼル車に対応
  イオンパワーベルトは、吸気される空気に対し活性化を促
  すためガソリンとディーゼル車両方で3つの効果を得られます。

  3つの効果 ★燃費率約10%〜20%向上
★パワーアップ
★排気ガス(CO2)クリーン化


イオンパワーベルト試験データ
装着前データ 装着後データ
計測日 H12 4月21日 H12 4月21日
走行距離 94.7km 94.7km
燃料消費量 7.21g 5.68g
燃料消費率 13.13km/ 16.67km/
燃料改善率 1.27倍(27%)
柏〜常陸那珂往復
エンジン排気量:1800cc
燃料:ガソリン
車名:三菱リベロ

走行条件 乗車人数 4人
車速  通常道路 50km/h 走行
     高速道路 110km/h走行
パワーベルト車種別データ
燃費効率の向上率
ベンツ560SEL  18%
マーチ1000cc 20%
ボルボ740ターボ 18%
マークU2500cc 20%
BMW520 15.3%
クラウンマジェスタ 17.3%
ブルーバード1800cc 17.2%
セフィーロ3000cc 17%
燃費向上の原理(特許公報―第2580511号より抜粋)
項     目 内               容
本発明の基本原理 本発明の基本原理は、エンジン用空気過給器に、空気の進行方向に磁場強度が増加する不均一磁場形成手段を設けて、空気の流れを加速する構成として、エンジンの吸気バルブが開いているきわめて短い時間に空気を加速して効率よく送り込むようにしたものである。
主たる理由 この主たる理由は、磁場をかけると常磁性分子である酸素を含む空気の流れが影響を受けるためと考えられる。
本発明を用いることにより 本発明を用いることにより、エンジンの吸気効率が上がるので、燃費効率が上がり、燃費やエンジンのパワーの改善を実現することができる。
本実施例では 本実施例では、日産ステーションワゴン、ラルゴ(ディーゼルエンジン、ターボ付)の吸気系に永久磁石(住友特殊金属製)を用いて、不均一磁場をかけ、これにより本発明の空気過給器を構成した。この場合について、燃費や発進時、低速回転からの急加速の応答性の諸点について各々調べた。この結果、以下に示すように、いずれの点についても、本発明の空気過吸気器を装着しない場合に比べて、著しい性能の向上がみられた。
発進時の加速性 発進時の加速性―本発明の空気過吸気器を装着しない場合、発進時に加速性が十分なく、運転者の立場としてはアクセルを踏んでもなかなか加速が実現しない、応答が遅い、いわゆるターボラグを感じた。これに対し、本発明の空気過吸気器を装着した場合は、スムーズであり、発進時直ちに加速され、加速の応答が良好であった。
低速回転からの加速性の向上 低速回転からの加速性―同じく、低速回転からの加速性を比較したところ、本発明の空気過吸気器を装着してない場合に比べ、装着した場合は加速の応答が極めて良好で、性能が向上していた。
燃費の向上 燃費の向上―下表に示すように本発明を採用すると、平均で約18%、最高21%程度の燃費節減が可能となる。

実験No 空気過給器なし 空気過給器取り付け
第1回 9.3km/l 10.7km/l
第2回 8.5km/l 10.3km/l
平均 8.9km/l 10.5km/l